FXで大切なリスクヘッジを考えよう

FXでは外貨為替の未来の価値を予想し、価値がまだ上がる前に安く買っておくという考え方をします。よく限定の商品などは後から価値が上がるので、高く売れるなどといいますが、FXでも売買で利益を得る方法はこの、高く売るということと大きな変わりはありません。ただし、通貨なのでその価値は一定ではありませんし、下がる可能性も上がる可能性もある、というものです。


FXはリスク管理が必須の投資

リスク管理をしなくていい投資などありませんが、中でも証拠金にレバレッジをかけて証拠金よりも大きなトレードが可能となっているFXでは、リスクもその分だけ大きくなる可能性が高いそうです。売買の差額であるスプレッドに注目するなど口座の選び方はありますが、注目したいのはそれ以上にリスクヘッジに関すること、という人もいると言われるそうです。


強制ロスカットやシストレを活用

強制ロスカットとは、一定以上のマイナスが出た場合に、取引を強制終了、売買を途中で終わらせることのできる仕組みです。マイナスが出たままトレードを終了することになりますが、マージンコールという証拠金が何割以上なくなっていますよ!というコールが出てから入金がない場合に働きます。また自分の設定した値段や、差額が出た場合に自動売買を行なうシステムトレードなどもリスクヘッジとして活用できるそうです。