スプレッドの影響を受けやすい2つのFX取引方法

FXには、大きく分けて4つの取引方法があります。
それぞれ取引期間の長さで分けられていて、短いものは数秒から数分で、長いものは数日から数週間もかけて取引を行います。
取引期間が短くなればなるほど決済回数も増えるので、スプレッドが狭いほうが有利という理由がわかります。
今回は、スプレッドの影響を受けやすい2つの取引をご説明いたします。


秒単位の判断が求められるFX:スキャルピング

すぐに結果がわかるから簡単と思いきや、一番難しい取引はスキャルピングかもしれません。
スキャルピングは、4つの取引のなかでも取引時間が一番短く、数秒から数分で1つの取引が終わります。
基本的に、収益を上げるにはレバレッジを上げて、ハイリスクハイリターンな取引の判断を一瞬でつけなければいけません。
取引回数が多くなるため、スプレッドが狭い会社を利用することはコストの面から考えて重要になります。


制限時間24時間のFX:デイトレード

トータル収支がプラスになるように、1日の計画を立てるのがデイトレードです。
FXブームが来たときに聞いた覚えがあるという方はたくさんいるでしょう。
取引を翌日まで持ち越さずに、1日の間に何回か取引をするのがデイトレードのやり方です。
スキャルピングと違ってハイリスクではありませんが、チャートが変動しなければ利益が出づらいです。