FXの値動き予想は初心者でも大丈夫?

FXは先物取引という、未来の外貨の価値を予想することが利益を得るポイントになります。売買では安いうちに購入し、価値が上がったら売ることで手放すのです。売り値と買値の差をスプレッドといい、この差額分が会社の儲けになるという仕組みです。


FX初心者は外貨価値を過去データで知る

外貨為替は、過去の値動きなどを参考に見る、テクニカル分析と、政治の状態などを見極めて今後の価値を検討するファンダメンタル分析と、おおまかに2種類の分析方法に分かれているそうです。為替は原則として、細かい上下を繰り返しながら価値をあげ、上がりきると一気に価値が下がるという特徴があるそうです。この動き方を分析し、今後、どんなふうに動くかを考えてみましょう。


ニュースなどを知って外貨を考える

FXに関して勉強会などが行われるのは、このファンダメンタル分析のことも多いそうです。外貨為替は輸出入などにも関わりますし、戦争や国内のクーデターなどにも大きく左右されます。そのため、急に値が跳ね上がる、急に価値が急降下するというのも、情勢次第ではあり得るものです。これは過去に起きたことがないものでは予測ができませんから、情勢を知って価値を予測する方法と併用するものとなっています。

関連リンク:初心者向けのおすすめFX会社選び

FXのバーチャル口座で経済感覚を養おう

FXを副業で考える人が増加してきたといっても、実際に投資にはお金が必要になるため、18歳未満の利用はできないなど、一定の条件があります。世界の情勢などに通貨が影響され、価値の上下を繰り返すため、経済の勉強にもFXは非常に有効なのだそうです。


FXバーチャル口座で投資を体験しよう

そこで増えているのが、自分のお金を実際に投資には使わないけれど、投資そのものの体験ができるバーチャルFXです。実際に売買はありませんからお金は動きませんが、スプレッドなども設定されていて、ほとんど本物のマーケットで行うトレードと変わらないという意見も多く、FXに興味がある若い世代の人なども、利用することがあるそうです。


大人の新しい趣味にもいいかも

FXでは証拠金割れを起こすリスクが伴いますから、趣味にといった気軽な感覚では行えないかもしれませんが、ニュースなど、常に新鮮な情報に敏感でいることは、投資に関係なく大切です。そのためバーチャル口座で世界のニュースなどを知るきっかけを作る、新しくバーチャル投資を趣味にするという使い方もあるかと思います。経済の動きを体験できますし、通貨の情報は英語力も必要なので、勉強が進むかと思いますよ。

FXのスワップポイントで利益を考えるならマイナー通貨にご注意を

FXでは売買を行なって外貨為替の価値の差額を利益にする方法と、通貨をなるべく長い間保有し、ロールオーバーでつく金利を利益とする方法の、大まかに2種類の利益を出す方法に分かれているそうです。短期売買の場合、スプレッドなどにも注目が必要ですが、長期トレードでスワップポイントの利益だけを考える場合には、FX口座の選び方も変わってきます。


FXの通貨ペアはどう選ぶ?

スワップポイントとは、通貨をペアで考えます。この場合、通貨にかかる金利は、通貨の情報がキモとなるそうです。そのため、初心者に向いていると言われているのは、できるだけ流通量が多く、通貨の情報を得やすいアメリカドルなどを利用するそうです。このような流通量が多い通貨をメジャー通貨といいます。英語で公開される情報なども多いので、語学力もつくというおまけのメリットもあるようです。


金利がつくとお金がかかる通貨も

中国などこれから発展が予想される国の通貨も非常に人気が高いようですが、中国元は一部の通貨で金利をつけるとお金がかかるというものもあります。これはチャートや価値などではなく、中国の銀行が定めているもので、自国の通貨が海外にばらまかれないようにするための策だそうです。マイナー通貨などを扱う場合には、通貨の情報も少なくなることや、例外的なお金がかかることもあります。

FXの売りから入る、もってないものを売る仕組みは?

FXでは会社の決めた売り値と買値があります。この値段で売買を行ないますが、この値段に差がついていて、この差額がスプレッドと呼ばれる会社の利益になる分です。FXでは売りから入る、というトレード方法もあるそうですが、もっていない外貨を売る、ということに違和感を抱く人も多いのではないでしょうか?


FXは売買でワンセットの投資

FXでは売った外貨は必ず買う、買った外貨は必ず売る、というように売買でワンセットとなっています。買うだけ、売るだけという投資ではないため、先に借りることが可能となっているそうです。売ることから始める場合には、まず売りたい通貨を借ります。この通貨を返すときには一つだけルールがあり、借りたときと同じ通貨で返済するというものがあるのです。


高いときに先に売り、安く買い戻す

例えばアメリカドルの価値が高く1ドル150円のものを先に売るとしましょう。この場合にはまず、アメリカドルを借りて売ります。返すときもアメリカドルで返済しますが、価値が下がることで1ドルが100円になったとします。同じ日本円で購入できるドルは、150円よりも100円のときのほうが多くのドルを買えるので、この50円の差額分を利益にするということです。これを買戻しなどといいますが、もちろん価値が下がらない場合には損が出ることもあります。

FXで大切なリスクヘッジを考えよう

FXでは外貨為替の未来の価値を予想し、価値がまだ上がる前に安く買っておくという考え方をします。よく限定の商品などは後から価値が上がるので、高く売れるなどといいますが、FXでも売買で利益を得る方法はこの、高く売るということと大きな変わりはありません。ただし、通貨なのでその価値は一定ではありませんし、下がる可能性も上がる可能性もある、というものです。


FXはリスク管理が必須の投資

リスク管理をしなくていい投資などありませんが、中でも証拠金にレバレッジをかけて証拠金よりも大きなトレードが可能となっているFXでは、リスクもその分だけ大きくなる可能性が高いそうです。売買の差額であるスプレッドに注目するなど口座の選び方はありますが、注目したいのはそれ以上にリスクヘッジに関すること、という人もいると言われるそうです。


強制ロスカットやシストレを活用

強制ロスカットとは、一定以上のマイナスが出た場合に、取引を強制終了、売買を途中で終わらせることのできる仕組みです。マイナスが出たままトレードを終了することになりますが、マージンコールという証拠金が何割以上なくなっていますよ!というコールが出てから入金がない場合に働きます。また自分の設定した値段や、差額が出た場合に自動売買を行なうシステムトレードなどもリスクヘッジとして活用できるそうです。

FXは複数口座を使いこなすとお得?

FX口座選びでは、スプレッドの幅の広さや取引手数料などに注目して選ぶという声が多いのですが、実際にFX口座を作る方法は、インターネット上から手軽にできるものです。口座の利用者に向けたセミナーなどを開催している会社もありますし、サポート体制なども様々となっています。


FX口座はメリットだけを利用する

複数口座を所有する理由として、分散しているメリットを組み合わせて利用するという声があるそうです。短期トレードで売買を繰り返す場合には、取引手数料などがかからないほうがいいですが、売買ではなくスワップポイントで利益を出すのであれば、売買の差額や手数料はそこまで気にする必要はありません。そのため、自分の行いたいトレードを見つけて、そのトレードで一番お得になる口座をトレードで利用するという方法です。


情報の早い会社などもある

中には手数料などが高い代わりにリアルタイムで世界のニュース配信を行う、口座を利用している人を対象に、専門家のセミナーなどを開催して勉強会を行っているところもあります。このような場合は、情報を得るためにこの口座を持つ、というような感覚です。実際にトレードは手数料やスプレッドの狭いところで行えば、メリットだけを活かした投資ができるのです。